脱毛すべきだったポイント

私、とってもムダ毛が濃いタイプです。それはもう、思春期の頃からずっと悩んでいました。中・高生になれば毎日の制服はスカートです。

スネも太もものムダ毛が丸見えだったので、夜のお風呂タイムは毎晩せっせと剃っていました。剃り残しがあると恥ずかしいし、とにかく濃いので時間がかかるわけです。

剃ったら剃ったで黒い点々が気になったり、生え始めるとチクチクするあの不快感。脚だけでなく、腕も脇も、顔の産毛すら気になって、とにかく時間がかかりすぎるのが本当に嫌でした。

手の甲も、指も、うなじも人より濃いかもしれません。剃る以外にも、泡で溶かすようなタイプとか、バイト代が入れば脱毛器を買っては使い、それでもムダ毛処理にかかる時間は省略できませんでした。

社会人になって、収入が安定し、月々に余裕ができてきた頃ですが、職場では新規オープンした脱毛サロンの話題になりました。

オープンキャンペーンで安いとか、紹介性でお得になるとか、そのサロンのリアルな話を聞けたのです。

夏になる前だったこともあり、これまでずっと気にしてたムダ毛ともサヨナラできるんだ!と説明を聞きに向かい、そのまま契約しました。

※参考サイト<http://xn--riqstj37afpnjfz.jp/

脱毛するパーツが細かく別れていたのですが、私が選んだのは『膝下』『肘下』『両ワキ』です。大きな出費でしたが、これまでの悩みや処理の苦労を考えると相応だったのかもしれません。

当時は肌を程よく焼くことも好きだったので、日焼け厳禁だったのも少し辛かったのですが、あのとき契約して良かったと思っています。

10年以上経った今も、季節問わずムダ毛処理する必要がないのですから。ただし、まだ悩んでる部分があります。

全身脱毛していたわけではないので当然ですが、膝と肘のムダ毛が気になってしかたないのです。ここ剃るの難しいのです。

脚も腕もパーツは細かく別れていて、膝や膝もやるとなると予算オーバーだったので、いまも濃いまま。膝に至っては怪我をした痕があり、そこが濃く生えてて情けなくなります。

剃り残しやすい凹凸のある箇所は一緒に脱毛するべきでした。当時の私に教えてやりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です